愛犬を思うなら手作りご飯を作ってあげよう

動物たち
ウーマン

テリアを上手に飼育

ヨークシャテリアは、成長段階に応じて毛色の変化が楽しめる人気の犬種です。テリアの性質を持ち、しつけの影響が出やすいのが特徴が挙げられます。毛のお手入れを欠かさず、長時間の留守番などのストレスを出来るだけ与えないように育てることが大切です。

犬と女性

役立つ情報

ミニチュアダックスフンドは猟犬です。ロープの引っ張り合いやボールを追いかけさせることで、ストレスを解消することができます。甘えん坊な性格の子が多いため、しつけをする時にはメリハリをつけるようにしましょう。褒めて伸ばしてあげることで、無駄吠えを防ぐ事ができます。

犬と子供

空港に近いペット預かり所

成田空港周辺のペットホテルは、主に海外に行く人が利用しています。空港に近ければ、出がけに預けて、帰国後はすぐ迎えに行けます。また、入退室が24時間体制で、いつでも預けられるところも重宝します。この地域のペットホテルは質が高く、最近では海外に行く人でなくても、ペットを預けることが多くなりました。

愛犬の健康管理

エサ

おすすめの食品

以前は犬のご飯といえばドッグフードが多かったのですが、最近では手作りご飯を作る人が増えてきているようです。手作りご飯であれば、添加物や肉副産物の心配もなく、安心して愛犬に与えることができます。また、手作りご飯であれば、愛犬の体調に合わせることも簡単で、健康管理がしやすいのも大きなメリットです。この犬用の手作りご飯を作る際には、犬に合った食品を使う必要があります。タンパク質では、鶏肉、牛肉、豚肉、魚、チーズ、大豆が使用できます。牛肉であれば生肉でも大丈夫ですが、豚肉では必ず加熱処理が必要です。炭水化物では白米や玄米、パスタやうどんなども利用できますが、玄米は硬く消化が悪いですし、パスタやうどんは塩分が含まれています。そのため、炭水化物は白米がおすすめです。その他には、野菜や果物、海藻やキノコなども犬には与えたい食品です。野菜や果物には、カロテンやビタミン類、カリウムが豊富ですし、海藻はミネラルやカリウムが含まれています。ダイエットを考えているのならカロリーの少ないキノコもおすすめです。手作りご飯を作るときには、動物性タンパク質、野菜、炭水化物の比率がポイントです。タンパク質は3〜5、野菜も3〜5、炭水化物は1〜3の比率にするのが理想的と言われています。手作りご飯となると好きなものを多く与えがちですが、健康管理をするためには、バランスの良い食事が重要です。パランスの良い食事を作って、愛犬の健康を守ってあげましょう。